ライフステージ別の生命保険の選び方

生命保険コンテンツ

ライフステージ別の保険

  • 独身(就職した時)
  • 結婚を迎えて
  • 子供が誕生
  • 子供が増えた
  • マイホームの購入

賢い保険の選び方

  • 生命保険会社の種類と選び方
  • 保険料を安くする方法
  • 保険料が安いネット生保
  • 遺族年金による公的保障
  • 会社で入れる団体保険

生命保険の種類

  • 定期保険
  • 終身保険
  • 定期付終身保険
  • アカウント型終身保険
  • 養老保険

保険の見直し

  • 保険の見直しポイント
  • 不要な特約を見直す
  • 支払い方法を見直す
  • 定期保険の見直し
  • 終身保険の見直し

女性の為の生命保険

  • 専業主婦に必要な医療保障
  • 専業主婦にも生命保険は必要
  • パート主婦の生命保険を考える
  • 夫と妻では必要な保障額が違う
  • 夫婦共働きの場合の死亡保険金

保険の基礎知識

  • 生命保険の必要保障額の計算
  • 公的保障を頭に入れておく
  • 住宅ローンと団体信用生命保険
  • 病気でも入れる保険
  • 告知義務違反による契約の解除

生命保険と医療保険の選び方と見直し

生命保険は残された家族の生活保障

生命保険は、主に残された家族の生活費や子供の教育費を確保する為に加入するものですが、独身なら保険が不要というわけではなく、人それぞれの状況に合わせた適切な保険というものがあります。若くして亡くなる場合でもお葬式代は必要になりますよね。

結婚して奥様の為に加入するという方や、子供が生まれるタイミングで入るという方も少なくありません。遺族年金という公的保障がありますし、マイホームを持っていいれば団体信用生命保険により住宅ローンが免除されます。

ただ、やはり一家の主が亡くなった時に数千万円のまとまったお金があった方が安心だと思いますので、ある程度の保険金は必要です。

生命保険の基本となる三つの種類

生命保険は、「定期保険・終身保険・養老保険」の三つが基本となっています。その中で定期保険が特約として付いた定期付終身保険やアカウント型終身保険が保険会社の主力商品となっており、加入しいている人も多いですよね。

保険が1つにまとまっていた方が良いという方も多いと思いますが、最近はインターネット専業のネット生保もあり、保険料が安く人気ランキングの上位になっています。安い保険料で手厚い保障の代名詞ともなっていますので、検討する価値はあると思います。

その他、定期保険の中には、逓減定期保険や収入保障保険などの派生商品もありますので、自分のライフスタイルにあった保険を選びましょう。

医療保険は入院や手術に対する保障

医療保険とは、病気やケガによる入院や手術を保障する為の保険です。以前は、生命保険の特約として医療保障を付けるのが一般的でしたが、現在は、各保険会社が単体で医療保険を販売しており、保険料も安くなっています。

保険のプロの間には、医療保険は必要ないと考える人も少なくないのですが、差額ベット代などの健康保険が効かない医療費もありますし、正社員ではない場合、入院中の収入の保障も無いでしょうから、給付金の日額5千円や1万円はとても大きいと思います。

給料が安いうちに生命保険と医療保険の両方を負担するのは大変なのですが、いざという時や万が一の時の助けになります。

人生設計と保険の見直し

生命保険や医療保険は、一度入ったらそれでOKというわけではなく、自分のライフステージに合わせて随時見直していく必要があります。保険金の増額や減額、特約の付加や解約はもちろんですが、保険料の安い保険会社に乗り換えても良いかもしれません。

ただし、バブル期前後に加入した予定利率(標準利率)の高いお宝保険と呼ばれる終身保険や養老保険については、解約してしまうと損をしますので、新しい保険に加入する場合には、払済保険にして保険料の支払いをストップする方法がオススメです。

子どもの成長に伴い、必要な死亡保障額は年々減っていきます。また賃貸住宅から持ち家となった場合には大幅に減額可能です。

更新情報と保険会社の選び方

生命保険の選び方

生命保険を選ぶ時には、まずは「定期型」と「終身型」のどちらにするのかという事を考えて、一生涯の保障が欲しい場合には、終身保険にします。ただ、子供が小さいうちの保障としては数千万円というお金が必要になってきますので、定期保険で考えるのが一般的です。

定期保険付終身保険やアカウント型終身保険が販売されていますが、アカウント型は、特約部分の保険料が高く終身保障がほとんどないという事もありますので注意が必要です。

定期付終身保険やアカウント型保険が悪いというわけではなく、保障内容をしっかり把握し、どの部分にいくらの保険料を支払っているのかという事を確認しておかなければなりません。60歳で定期保険が無くなった時に、ほとんど貯蓄できていなかったというのは悲しすぎます。

保険のグループサイト

はじめて学資保険
返戻率が高い人気の学資保険
はじめて個人年金
おすすめの個人年金を比較
はじめて医療保険
人気の医療保険の選び方
はじめてガン保険
人気のがん保険